sachi_mum’s diary

円形脱毛症経験・抜け毛を減らすにはどうしたらいいのか 子育てしながらHSP気味な自分をみつめるブログ

3月3日 久しぶり過ぎて

気付けばひなまつり!

久しぶりです日記書くの。

何をしていたかというとお仕事をしていました。

毎日毎日記事を書いていました。

 

そういえば抜け毛のところの事も全く考えてなくて。

考えないほど抜け毛が少ないのはとても嬉しいことだ。

 

さて、どうなっているかな。

んーと、初めて記録を始めた時が12/22でしたから、、、

約2か月ちょいですね。

本日の状態はこうだ

f:id:sachi_mum:20210303095356j:plain

比較しましょう

12/22がこれ↓

f:id:sachi_mum:20201225223159j:plain

ちょっと撮り方で分かりづらいなー

でもなんか、、一回大きくなったのかなもしかして。

これ見たら、そんな実感がある。

サイズは変わっていないと思っていたけどこうやって比較すると違うね。

そして、若干12月から3月にかけて大きくなったのに、生えては、きている。

f:id:sachi_mum:20210209094859j:plain

これは恐らく2月初めくらいだから、、、

 

まとめると。

12月中旬脱毛症発見

12月後半記録開始

1月抜け毛量は問題無く、だが脱毛症地味に大きくなっていた

2月抜け毛量は問題無く、だが脱毛症また地味に大きくなっていたけど産毛生えてきている

3月初旬、抜け毛量問題なく、産毛が黒い毛に変わってきている

 

こんな感じでしょうか。

 

今後予想。

このまま産毛が黒い毛に変わり伸びてくる

もしサイズが大きくなるのならば、そのペースと生えてくるペースがどちらが勝るか。

 

食生活と睡眠不足を引き続き気を付ける。

 

 

最近イライラしてたんだよな。

3歳児相手に本気になってもいかんよね…。

いや、つい真っ向勝負してしまうからな~きっと余計疲れてる。

でも仕事は楽しいからやりがいある事が主婦業意外にもあって満たされている。

 

うーんと、それ以外には

最近は6歳の娘の部屋で3歳息子も一緒に寝ることが何度かあり。

私が寝かしつけから解放された日が何度かありました。

子育て6年目で、こんな早くその時が訪れるとは!

でもあまり期待はしない。

すぐ、きっと言ってくる

「やっぱりお母さんと寝る~」

うん、そういうならそれはそれでいいですよ。

 

娘が、

「私が寝かしつけしてあげるからだいじょーぶ」

と息子に言っていました。

 

ほー、そりゃありがたいと母は思っていました。

 

すると息子は

「おかあさん、ひとりでねてみなさいね!」

娘も

「おかあさん、ひとりでねたことないでしょ?」

 

なぜか、

お母さん一人で寝れないかもしれないけど挑戦してみなさいと励まされました。

 

実はおかあさん、

一人で寝たこと何度もあるんだ。

あなたたちが生まれてからは、たしかに無いけどね。

実はおかあさん、

一人でねるの大好きなんだ。

もちろん横であななたちの寝息が聞こえるのも嫌いじゃないけど。

 

 

さて、いつまで続くかな。

 

今日はひな祭りで、ちゃお発売日!

ピアノの帰りに買いに行くのかしら。

 

 

2月15日 寂しいような嬉しいような母の胸の内。「え。もう一人で寝るの?」

今年の4月から小学生になる娘。

 

最近雑誌のちゃおがお気に入りです。

 

彼女の中で

絵本読んでから寝るというルーティンが

ちゃお読んでから寝るに変わりました。

 

まだフリガナの小さい字を含めて読むのが時間がかかります。

「お母さん読んで」となります。

母としては、こっぱずかしいセリフを読むのがちょっとムズムズします。

 

すると、

3歳の息子は嫌がります。

ちゃおやめて!!!となります。

 

そこからです。

 

娘は「一人で寝る」と言い出しました。

 

隣の部屋で

自分で布団を敷いて

「おやすみー」と入っていく後ろ姿。

 

途中で

寂しくなってくるかなと思っていたのは

私だけだったみたい。

 

自分で電気を消して

目覚まし時計をセットして

もう3日連続。

 

平気みたいです。

 

あぁ、成長だ。

ちゃお読んで寝ているらしいです。

ちょっとドキドキするシーンを、1人で読みたいのかなって思うところもあります。

何となく、わかりますよね。

 

 

ついこの間まで、けっこうべたべたな子でした。

抱っこ抱っこだし

お母さんと一緒じゃなきゃ絶対イヤだというタイプです。

 

そう、

いつだか聞いた話。

『抱っこというなら抱っこすればいい

そうしていれば、いつか自然と離れていきます。』

 

私は間違ってなかったんだなって思いました。

周りの人に

「抱っこしすぎだろ」と言われたことがありました。

「すぐ抱っこしちゃうお母さんも、どうかと思うよね。」と。

 

でも、抱っこを求められたときに抱っこしてあげる。

側にいて欲しい時は手を止めて側にいることに徹する。

とりあえず、そうする。

 

もちろん、それが出来ない状況もあったりして、

ごめんねと思ったり。

私自身がイライラして余裕がなかったこともありました。

 

でも、現に彼女はきちんと自分から

自立の道へ進んでいっている。

 

いつでも帰ってきていいんだよ。

私がいる寝室に。

そういう気持ちではあります。

 

みなさんきっと、

自分の実家って落ち着く場所ですよね。

私は、意外とそうでもないんですが。

大半の人は、

帰れる場所があると安心するものですよね。

私も彼女にとって

そうでありたいと思います。

 

 

2月12日 今朝見たネットニュースから かなり主婦目線の内容

先ほど

ヤフーでニュースを見てました。

 

最近はやはり「男と女を分けて考えちゃう人」のネタが多いですね。

 

イクメン」という言葉が、一周回って恥ずかしいと、

ルネッサーンスの人が言ってました。

普通の人が普通に育児や家事をする。

「フツメン」でいいんじゃないかと。

そう書かれていました。

なるほど。

もはや、名づけなくていいのではないかと。

たしかに。

 

 

別のニュースでも。

40代くらいの女性が昔職場で

「女は会議室に入るな」

と言われたんですって。

凄いですね。そんなこと言う人いるんだな。

「女に仕事が任せられるか」とか。

 

「女」を「君」

に変えてたら、

この問題は生まれなかったんでしょうか?

「君にこの仕事が任せられるか!」

性別は関係ないように聞こえますよね。

でも、そもそもこの発言をした人自身の中に

「女」に対してそういう偏った考え方がこべりついてるんでしょうからな。

 

咄嗟に出る言葉をうまく操作するなんてことは

難しいのですな。

根付いた考えを変えるのもまた、難しいものなのかな。

見えてしまいますよな、本当の、頭の中が。

 

広く見よ

柔らかく受け入れよ

ですな。

 

 

※「こべりつく」って、訛りかも?

 =「しっかりと貼りついている」みたいな意味です。うふふ。

 

 

そしてですね。

「女は会議室に入るな」
「女に仕事を任せられるか」

から考えたんですが、、、

 

これは我が家の話です。

我が家は、キッチン周りは私が管理しています。

 

例えば、買ってきたものを先入先出方式で消費したり

それがしやすいように前もって配置したり

子供に見つからないように置く場所を工夫したり

お肉を使うタイミングに合わせて解凍したり

洗ったものは次使うからとあえてそのままにしておいたり

汚れはキッチンペーパーではなくボロ布で拭いて捨てたり

 

まぁ、色々と考えながらやっているわけです。

 

そこに、旦那が入ってくると

「あぁ、そこはそうじゃない!」

だとか

「なんでそんな使い方するのー?」

とか、出てくるわけです。

 

これ、完全に

「旦那はキッチンに入るな」

「旦那に家事は任せられるか」

になってませんか?笑

 

これはいかんなと。

自然にそう言っちゃってるけど、いかんなと。

 

やって欲しいやり方があるなら

理由を説明して教えてあげるのが

大切なんだと思ったのです。

頭ごなしに言っていてはいかんなと。

 

正直、どうでしょうね。

そう私の方が改善しても、

旦那はもしかしたら、

『良かれと思ってやっていてもそんなにアレコレ口出されて直されるんじゃ、やりたくなくなるわぁ』って思うかもね。笑

 

もしそう思ってたら、あかんな。

そもそも「やってやってるのに」が出ちゃってる。もうアウト。

そこは、旦那も

広い心で

意見を聞いて

柔軟に考えることができるかどうか。なんでしょうね。

 

会社の資料に良かれと思って余計に書き加えられてたらどう思うん?

上記が世間では非常識だと言われても、

旦那が家の事をオリジナルでやることは非常識だとみなされないのか。どうだ?

 

 

さて、こんくらいにしておこう。

郵便局行ってきます。

 

 

2月10日 CBDオイルのその後

チョコレートって美味しいです。

んもー、止まらないんです。

でもね、そんなに一気に糖摂っても

身体に負担かけますから

気を付けないとね。

わかっているけど、止められない。

 

食欲がどうも抑えられないという時は

CBDオイルを摂取してみます。

CBDオイルはリラックス効果があるのはもちろんですが、

様々な調整をしてくれるんですって。

 

食欲不振なら、食欲を出してくれるし

もう食べなくていいのに食べたくなってたら抑えてくれる。

う~ん、正直必ずばっちりその効果を感じているかというと

そうでもないのだが。

摂取しているタイミングもあるのかな~?

だって、生きている以上様々な影響が私には関係していると思うからね。

理論的に言うと、そういった調整機能があると言われています。

ぜひその効果を体感したいから、毎日試していますよ。

もちろん、

「きょうは絶好調や」という日が増えたのは間違いないです。

その中でも特に声を大にして言いたいのは、「睡眠の質」!
ぐっすり眠れるようになりました!涙が出るほどうれしいですね。

昨日も寝かしつけから寝落ちして、

夜中の2時にふと眠りが浅くなって気づいたんです。

『あ、洗濯物干してない』

おもむろに起き上がって暗闇の中歩いていくと、

洗濯物は干されていました。

旦那さんがやってくれてた。感謝。

そして、ガサガサ!っとハムちゃんが運動していました。

私の気配に気づき、

焦って動きが止まってました。

ごめんねびっくりさせて。

 

さて、今日は子たちはちょっと早いお帰りです。

帰ってきたらピアノ行ってきます。

待っている間は友達の家の庭で弟くん雪遊びさせてもらう予定。

ありがたや~~。

 

 

 

 

 

この一年の変化

お題「#この1年の変化」

 

去年の今頃、

息子が幼稚園に入園した。

入園式を終えたとたん、

ステイホームになった。

娘も春休みからの延長。

緊急事態宣言が発令されても

あの時の私にとっては何ら変わりのない毎日だった。

 

旦那の仕事に影響が出始めた。

でも、旦那自身はダメージを感じていなかったようだ。

こんな時期だけど、

こんな時期だから、

お金をどう使うか、貯めるか二人で考えた。

夫婦で積立NISAを始めた。

学校を卒業して以来の勉強。

投資信託について自分で沢山調べた。

「勉強をしている」という感覚が気持ちよかった。

 

毎日家では子供たちと何をして遊ぶか考えた。

宝探しゲーム。

テントを張って秘密基地遊び。

駄菓子やさんごっこでお金を学び、

会えないおばあちゃんに手紙を書く為にも字を練習した。

ママ友にはなかなか会えない。

でも、本当に話したい相手とは連絡を取った。

間違いなく価値のある日々だった。

 

私はストレスで髪の毛が抜けた。

眠れない日々もあった。

そのおかげで、

食の大切さ、健康体であるための方法を勉強した。

それは子供達にも伝えていきたいと思える知識。

私は間違いなく大切なことを学んだ。

 

 

何も変わっていないと思っていた。

でも、違ったんだな。

 

コロナが無かったら、どうなっていたのだろう。

勉強をしていなかった?

変わらずママ友達と集まっていた?

子供と話す時間が減っていた?

ストレスが、無かった?

 

そんなことはわからないと、私は思う。

 

間違いなく言えるのは、

今、私は生きているのだから、

できることを、今やろう。

そう考えるようになった。

 

コロナは私の生活を変えた。

私の考え方を変えた。

私の視点を変えた。

私の感覚を変えた。

どれも、悪いことではない。

コロナは敵視されているウイルスだが、

なぜだか、コロナのおかげで私は良質になった気がしている。

 

見えていない部分があるのは間違いない。

わたしは医療従事者ではない。

わかったふりなんて、できたもんじゃない。

私は飲食店を経営していない。

知ったつもりなんて、できたもんじゃない。

私の身内には感染者は今のところいない。

きっとその違いで見方は変わる。

 

わたしは母親で

2人の子どもを育てる母親で

そして、1人の夫を支える妻で

この家族の一員で。

私には、私のやることがある。

毎日ご飯をつくり、掃除をし、洗濯をし、お弁当を作り、安心して帰ってこられる環境を作り、笑顔を引き出し、相手を想いやる経験を作り、傷ついた心に寄り添い、明日を楽しみにして、安心して眠れるように心がける。

 

そうやって、気づいたらまた一年経っているのかな。

いつか、この事態が教科書に載るようになって、

それを自分の子孫が読むことになるのかな。

 

結局、何が言いたかったんだ?

まとまってない。

まとまらない自分。

あ、それは変わってないな、何年経っても。

 

 

 

 

2月9日 家族写真を撮りに。抜け毛のその後報告。

 

近所にある写真館へ

娘の入学写真と、家族写真を撮りに。

古民家を改装した作りで

2時間ほど貸切で使えるのです。

 

子供たちはあちこち走り周り

衣装の可愛い服を自分で選んで

ご満悦。

飛び回ってドンドンしても

怒られないし気にしなくていいから

ノンストレス。

それが自然と素敵な写真が撮れることにも繋がりました。

 

 

この前の日曜日は、

一日中子供たちと遊んだり、ポケモンカードしたりで

昨日が朝からバタバタ移動して写真撮りに。

あ、美容室も行きました。

一年ぶりの美容室。

子たちも切ってもらいました。

娘とおそろいの髪型になりました。

 

そうですね、そろそろ

脱毛症部分のその後を確認しなければ。

 

f:id:sachi_mum:20210101152030j:plain

f:id:sachi_mum:20210209094859j:plain

上が1月くらいかな?たしか。

下が今日です。2月9日。

ツルツルだったのが産毛に覆われました。

産毛が黒い毛に変わってきています。

ちょっと皮膚が赤いのが気になります。

保湿剤塗ります。

毎回同じように撮影できない自分のテキトーさが悔しいですが。

 

抜け毛自体が減って、

ついつい頭皮について気にする度が減ってしまう。

良いことでしょうか?

気にしすぎる毎日を過ごすよりはいいのでしょうか。

でも、ケアを怠っては良くないですね。

常に活動して、生きて、細胞分裂してますもんね。

 

頭頂部は、かなり元どおりになりました!

f:id:sachi_mum:20210118080731j:plain

こんなに薄くなってたのが、

f:id:sachi_mum:20210209100608j:plain



生えてきました。

向きが逆なんですけどね。どちらも。

上の写真は、上が後頭部。下の写真はその反対です。

ほら、ほくろがあるんだなんて気づいたのを思い出しました。

ほくろ、隠れましたね。

一か月でこんなに頭頂部は生えるんだなぁ。

 

脱毛症は、やはり病気だから。

そう簡単ではないのかもね。

 

たんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取を怠らず。

乾燥に気を付け。

頭皮マッサージと、適度な運動。

これを続けてみます。

あ、大切なこと忘れてた。

ストレス対策ね。

 

あのね。

はたらく細胞」のアニメ見たんですよ。

アマゾンプライムで。

脱毛症の話もありましたね。

凄くわかりやすかった!そして面白かった。

一人でクスクス笑ってしまいました。

予防接種の話なんて本当にそのまんまやって感じでした!

みんなに見て欲しい!!

はたらく細胞

アマゾンプライムは何かとお得感あるね、やめられない。

 


 

 

 

 

2月7日 娘 ピアノ 習う

ピアノ

習うことにしたんす。

 

個人のピアノ教室

先生はちょうど、

私の親世代で。

 

駅ピアノの話で意気投合しました。

(そんな気がしているだけ)

 

初めましてだと

顔も見れない

もごもご娘ちゃんなので

先生、ピアノ弾きながら

沢山娘ちゃんの開放スイッチを探してくれました。

字を読むのが速いね!凄い!〇〇ちゃん!

ドレミファソが読めたり、

曲名が読めるかという点で褒められ

娘ちゃんのマインド1㎜オープンしました。

 

 

さて、

唯一本人がやる気になった習い事、ピアノ。

見学を終えて、ますますやる気になったようですよ。

私は別に、

三か月で辞めてもいいとは思ってますが、

頑張って続けてみた先に達成感がある。

感動がある。

成長した自分を感じられる。

こういうのがあると、いいなとは思います。

別に、音大に行って欲しいんでは無くて、

自分のストレス発散の手段として、

楽しんでピアノを弾いてくれればいいなと思います。

 

音楽は、良いですよ。

良いと思います。

 

絵をかいたり

音楽を聴いたり

音楽を奏でたり

歌を歌ったり

 

いつか、何かを一緒に楽しめると良いなと勝手に思っています。

もちろんそうならなくても仕方ないけど。

だって、プラモデルにハマるかもしれないし、

相撲にハマるかもしれないし、

お花を育てることにハマるかもしれないし。

わかりませんからね。

 

 

本人がやりたいと思ったことを

チャレンジさせてあげられる環境を作れるだなんて

なんて贅沢なんだろうとも感じてしまう。

今が特段普通ではないのだと

思っています。